法界山 誓欣院

一般葬と家族葬

LINEで送る
Pocket

 

一般葬と家族葬の違いや特徴

 

かつては静岡県でも神奈川県でも、お葬式といえば一般葬でした。

家族葬が浸透するにつれ、

 

今では一般葬のほうが珍しいくらいの割合になりつつあります。

 

お若い方の中には一般葬に参列した経験がなく、

 

職場や取引先の関係者が亡くなり、

 

一般葬で執りおこなうと連絡を受けても、

 

 

どうしたらいいのか困ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ましてや、突然喪主になると、いずれを選ぶべきか迷います。

 

そこで、一般葬と家族葬の違いや特徴についてご紹介していきます。

 

 

■一般葬とは

 

 

一般葬は、広く一般の方が参列できる葬式の形態です。

式の日時と会場、喪主などが新聞の訃報欄で告知されることもあり、

 

ご近所や職場などを通じて連絡が回り、

 

故人とのお別れをされたい方やご遺族に弔意を伝えたい方が、

 

会場へとそれぞれ集まります。

 

 

基本的に、誰でも参列することが可能です。

 

事前に案内状などが来ることはありません。

 

一般葬の経験がない方からすれば、

 

セキュリティが心配、

 

プライバシーが守られないなどと不安になるかもしれません。

 

ですが、結婚式などのお祝い事や後日、

 

日を改めておこなわれるお別れの会などと異なり、

 

葬式は突然として訪れます。

 

しかも、ご遺体は傷みも早く、

 

安置にも費用がかかるため、

 

亡くなられたらなるべく早い日程で執りおこなう必要があります。

 

そのため、参列してほしい方に、

 

案内状を出している時間もありません。

 

しかも、亡くなられているわけですから、

 

誰に連絡をしてほしいのかも、

 

もはや確認する術はありません。

 

ご遺族がすべての交友関係や

 

仕事関連の方を把握しているわけではないため、

 

最期のお別れをしたい方や

 

ご遺族と関連のある方などが誰でも自由に、

 

広く一般的に参列できます。

 

直接、故人と面識がないようなケースでも、

 

参列するケースも少なくありません。

 

同僚や取引先の父母が亡くなったなど、

 

かなり遠い関係でも、仕事終わりに

 

お通夜に駆け付けるという例もかつては多く見かけられました。

 

一般葬は、通夜と告別式に分けて、

 

2日間かけておこなわれるのが一般的です。

 

いずれかだけに参列することもできますし、

 

2日間参列することもご本人の意向次第です。

 

参列する際はお香典を持参し、

 

ご遺族が返礼品をお渡しするのが通例になります。

 

 

■家族葬とは

 

 

家族葬は、故人のご家族や親族、

 

場合によっては故人のご親友など、

 

極近しい近親者のみで執りおこなわれるお葬式です。

 

自宅や家族葬専用の葬儀会館、

 

一般葬の会場でも、ご家族のみでお葬式をできる会場が増えています。

 

熱海にある当寺でも、家族葬を希望される方が増えてきました。

 

形態は通夜と告別式を2日かけておこなうケース、

 

1日で両方をおこなうケースなど、

 

ご家族のご意向に合わせて選べます。

 

お香典はご遠慮されるケースも多いですが、

 

参列できない代わりに亡くなられた時や後日、

 

ご自宅に弔問に伺ったり、

 

お香典を郵送されたりするケースも少なくありません。

 

参列者への対応が大変だからと家族葬を選んでも、

 

後日、対応が必要になるケースも多いです。

 

 

■まとめ

 

 

静岡県や神奈川県でも、家族葬の割合が増えています。

 

 

もっとも、広くお別れの機会を設けたり、

 

後日の弔問者対応の負担が軽減できたりする点から、

 

一般葬にもメリットがあります。

 

いずれにすべきか迷われた時は、熱海のお寺「誓欣院」までご相談ください。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

檀家様はもちろん一般の方でも、供養・葬儀・悩み・寄付等のご相談はお気軽にご連絡ください。

お電話でご相談 お電話でご相談 arrow_right
PAGE TOP